スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわわ

やっぱ写真が小さいかな もうちょいでかくします
因みにこれは金沢将棋なるアプリで局面作ってからのSSしてます(笑)



あと、これはどうなの? みたいなコメも下さい。出来るだけ色々知っておきたいので


では続き

前回の①3七桂に変えて②3八飛はどうか?



第一図



②3八飛

▲3八飛△6五歩▲3五歩△4六歩▲同歩
△6六歩▲同銀△6五歩▲5七銀
△7七角成▲同金△6六歩▲6八歩



第2図


⑴6六歩に、同金は

△6五銀▲同金△同飛▲2二角△4七金
▲6八飛△3五飛



で後手良し



⑵6六歩に同銀は、

△4七角▲2八飛△5六角成▲6七歩
△4六馬



で後手良し



第2図以下

△4三金▲3四歩△6五飛▲3二角△2五飛
▲2八歩△4七角

で後手よし
よって3八飛は上手くいきません
仕掛けを与えて危険ということですね(笑)


結論後手よし
スポンサーサイト

that's bear!!



基本図

6七金、7九金型

さて、6七金には振り飛車は5二金型を作って行きます
5一金だと上部に暑い先手陣と噛み合っていません
一礼は
△5一金▲3六歩△4五歩▲3七桂
△6一金左▲1六歩△7四歩▲8六角

辺りで後手作戦負け

基本図以下
△5二金▲3六歩△4五歩




ここは分岐点。おおよそ①3七桂②3八飛③5九角が有力で、他はゴミか、上記のいずれかに合流するはず(笑)

①3七桂




第一図


▲3七桂△6五歩▲同歩△6五同銀
▲6六歩△5四銀▲1六歩△1四歩


3七桂馬には、しかけて行くのがベスト。
以下、気になる手

⑴6五歩に手抜いて2四歩なら、
△6六歩▲同銀△2四歩▲2二歩
△6五歩▲5七銀△7七角成▲同銀
(同金は3九角から3五歩)
△3五歩



で、相手の飛車よりと金が早いです



⑵6五同銀に3三角成は

△同桂▲6六歩△4九角▲7八金△7六銀
▲6八金引△3五歩



で後手良し


ここで4九角が決まるのが7九金型のオワコンな所です


ということで、相手は6六歩から局面を抑えにくる。しかしこれは捌いていく方針の居飛車穴熊と符号していない訳です

第一図以下、
▲8六角△6一飛▲9六歩△9四歩
▲2七飛△4一飛▲2九飛△6二金寄
▲2七飛△7四歩



結果図

結果図位で後手良さそうです
先手は指す手がない
しかけも無理筋で、一例を示せば
6一飛に
▲2四歩△同歩▲5五歩△同角▲2四飛
△3七角成▲2二飛成△6二金

で後手良し、桂香拾えますからね



仮に8六角と上がらずに手待ちしても
2四歩から6五歩は決まりませんしね

結論後手良し


続きからまた更新します

its a bear world!!

久しぶりの将棋更新
前回の続きで、今回は細かい城跡への導入です
基本図再掲




ここから大きく分けて4つの分岐があります。

①先手6八銀型



基本図以下
▲6六歩△6四歩▲9九玉△9一玉
▲8八銀△8二銀▲7九金△7一金
▲5九金△6二飛▲6九金右△5一金
▲7八金右△6一金左▲3六歩△4五歩


② 後手5二金型



基本図以下
▲6六歩△6四歩▲9九玉△9一玉
▲8八銀△8二銀▲7九金△7一金
▲5九金△6二飛▲6九金右△5二金



③先手6七金型



▲6六歩△6四歩▲9九玉△9一玉
▲8八銀△8二銀▲7九金△7一金
▲5八金△6ニ飛▲6七金



④先手6六銀型




▲6六銀




基本的にはこれで全てのはず(笑)
次回からこいつらを順番に羅列していきます
武士ではどれか一つ取り上げられればいいかなと思っています

写真見にくいかな?コメください

将棋の話その2

前回の続き 今日はpcが使えないので簡易番


相穴熊において四間飛車側に有力な手順が5四銀で角筋を止めさせ6二飛と回るシステムです。
このシステムはそれなりに定跡が深められていて、序盤のちょっとした差で勝負が決まりやすいです。実際僕も大会などでこの定跡に進んだ試合はほとんど取ってます(他で負けまくってるのは気にしないw)

むしろ四間飛車側はこの手順で戦わないと余程強いかおたくの人でないとアボーンするのではないかと思われます


それでは早速今日は基本図まですすめます




初手から

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩
▲4八銀 △4ニ飛 ▲6八玉 △6ニ玉
▲7八玉 △7ニ玉 ▲5六歩 △3ニ銀
▲5七銀 △8ニ玉 ▲7七角 △4三銀
▲8八玉 △9ニ香 ▲2五歩 △3三角
▲9八香 △5四銀



これを基本図としてこれからの話を進めたいと思います

ここまでは、自然な流れですが、いくつか注意するべき点があります

一つ目は先手5七銀の変わりに7七角です。 これは8ニ玉の様な手だと、以下

▲6八角 △4三銀 ▲2四歩 △同歩
▲同角 △2ニ飛 ▲3三角成 (ry

で、そのまま撃沈の流れになる。
この戦型に限らず注意するべき攻め方で、こんなのをくらって試合落としたなら萎えます(過去に何回かやりましたw)
ここでは4三銀が最善で、これなら何も起こりません



次は5四銀のタイミング。
これは相手が9八香と上がってから上がらないといけません
9八香の前に銀わ上がると銀冠や左美濃に組まれてこちら側の駒組みが限定されてしまいます。
9八香の後ならその心配はありませんね




今日はここまで。

iphoneのアプリから更新してみたので不具合があるかもしれません(汗
その場合コメントくだされば訂正します

後、質問もできる範囲内で答えますので、コメントしてください

将棋の記事を書こう! その1

試験休みで寝過ぎて以降、どうも体の調子が悪いです。なえ

今日は奮発して将棋の記事書く需要がないのは気にしない文
どうやら部志の提出が早いので、その練習も兼ねてますw


まず、テーマですが、僕の所持している参考文献の都合上、相穴熊なのは確定として、
ただたらたらと定跡を垂れ流してもバカ丸出しなのでなんらかの工夫をしたい所です。
そこで過去ログをチェックするため本棚をあさりましたが開成の武士しか出て来ませんでした。
冷静に考えればうちの部誌を購入した事がないため持ってるわけなかったw


明日は定跡の確認を。どうせならこの機会に覚え直そう

記念すべき将棋の記事でした。果たしていつまで続くのか?次回もお楽しみにw
プロフィール

ティーゲル

Author:ティーゲル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
52850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中学生
286位
アクセスランキングを見る>>
fc2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。